空き家をお探しの方、
空き家を売りたい・貸したい方のための

売りたい

買いたい

貸したい

借りたい

買いたい・借りたい

別荘がほしい!空き家を活用して、ゲストハウスの運営をしたい!リモートワーク用のオフィスとして使いたい!

売りたい・貸したい

こんなお悩みありませんか?

  • 家を相続したけど住まない
  • 空き家をどう活用すればいいのかわからない
  • 空き家を売却したいけど売れるのかわからない
  • 空き家を貸したいけど本当に借り手がつくのか不安
  • 活用したいけど改修する費用がない
  • 空き家をこのままでいいのか相談先がわからない

満室ラボが解決します!

  • 空き家の再生収益化
    空き家のリノベーションから入居付け、入居後の管理まで満室ラボに全てお任せください。

  • 空き家の売却
    満室ラボのお客様の多くは投資家さんですので収益化できる物件の売却もお任せください。

  • 賃貸経営のノウハウを伝授
    不動産実務検定の講師が在籍しておりますので講座やセミナーのご案内をさせて頂きます。

  • 相続対策も合わせて考えたい
    J-REC公認相続コンサルタント、2級ファイナンシャル・プランニング技能士がアドバイスさせて頂きます 。

  • 不動産投資を始めたい!
    満室ラボのお客様の多数は不動産投資未経験の方ですのでご安心ください。

物件掲載からご成約までの流れ

  • STEP.01
    お問合せ・査定・現地調査

    お問合せで頂いた情報を元に簡単な査定を実施いたします。
    再生収益化の可否、収入見込みなどを確認します。お問合わせ

  • STEP.02
    ご契約・改修工事

    お問合せで頂いた情報を元に簡単な査定を実施いたします。
    再生収益化の可否、収入見込みなどを確認します。

  • STEP.03
    借主・買主様からのお問い合わせ

    再生収益化の場合は満室ラボでリノベーション工事・入居募集、
    売却の場合は買主募集をさせて頂きます。

  • STEP.04成約

    再生収益化の場合は満室ラボで管理、 売却の場合は仲介させて頂きます。

FAQ

査定に来てもらうのに費用は掛かりますか?

空き家や所有物件の現地調査から査定まで費用は一切かかりません。
その為、「空き家の管理に困っている」「相続した物件に困っている」などがございましたら、お気軽にご相談ください。

遠方に住んでいますが、査定や調査に立ち合いは必要ですか?

お立ち合いが難しい場合でも、空き家や所有物件の調査をすることは可能です。
オンラインでの面談も対応は可能ですので、お住まいの地域に関係なくお気軽にご相談ください。

対応エリアは?

対応エ原則として愛知県・岐阜県・三重県となります。
※上記エリアでも一部地域除く場合があります。

空き家の築年数に制限はありますか?

築80年以上の空き家から築浅の空き家まで幅広く物件活用をしております。

査定回答はどのくらい時間がかかりますか?

物件調査から査定回答までは、最短3日から2週間程度のお時間を頂いております。
査定物件の状態により査定に要する期間は変動致します。
「お急ぎで空き家や所有物件の売却をしたい」などご事情を踏まえた上で、最適なご提案をさせて頂きます。

再建築不可物件や旧耐震物件でも査定は可能でしょうか?

再建築不可物件・旧耐震物件・築古物件などにも幅広く対応しております。
他社で断られた空き家・所有物件をお持ちでお困りの方もぜひご相談ください。

建物が傷んでいる空き家でも活用できますか?

築古物件や長年放置されていて、建物が傷んでいる場合も活用できる可能性がございます。

空き家の名義が他人名義でも大丈夫でしょうか?

原則、所有者様からの相談とさせて頂いておりますが、空き家・所有物件の名義が他人名義でも親族の方などで所有者との関係が明確な場合にのみ相談に応じております。
その場合、委任状の提示をお願いする場合がございます。

今すぐでは無く、将来的な相談でも可能でしょうか?

今すぐではない場合の空き家や所有物件の活用相談や査定のご相談もお気軽にご相談ください。
ご相談を頂く事で、将来的な検討に役立つ可能性が御座いますので、まずは無料相談をご活用ください。

家の中に荷物がたくさん置いてあっても大丈夫ですか?

家屋の中に家財道具などの荷物が多くても現地調査・査定をすることは可能です。

空き家の名義が亡くなった親の名義のままですが、相談は可能でしょうか?

ご相談から査定までは問題ありませんが、相続人の名義に変更してからでないと契約手続きに進むことが出来ません。
相続による不動産の名義変更手続きについては、司法書士が専門となりますので、ご希望であれば司法書士のご紹介もさせて頂きます。

空き家・所有物件の相続相談も可能でしょうか?

空き家や所有物件の相続相談も承っております。
税理士・司法書士・弁護士等もご紹介可能ですのでご安心ください。

空き家を放置しているとどうなりますか?

空き家を適正に管理せずに放置しておくと、老朽化が進行し、倒壊の恐れ等による安全性の低下、また、不動産価値の低下に繋がります。
また、公衆衛生の悪化や景観、治安の悪化にも繋がります。
所有者には管理責任がある為、建物が倒壊したり、物が落下するなどして近隣の建物や通行人などに被害を及ぼした場合、その建物の所有者は損害賠償などで管理責任を問われることがあります。

特定空き家とは?

2015年5月26日に施行された「空家等対策特別措置法」では、 『特定空家等とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう』 とされています。 「特定空き家」に指定されてしまうと、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなる等、所有者にとって大きなデメリットとなります。